社会 経済

不法入国の疑いのある中国人8人を逮捕

過去数日間、ホーチミン市とタイニンの当局は、30人の中国人がCovid-19に対する隔離のために不法に出入りしたことを検出しました。

7月30日の朝、ティエントゥアン村のバウテップで、ベンカウ地区の警察とタイニンの入国管理局の警察が、不法にベトナムを出国しようとしているベトナム人3人と中国人8人を含む11人を発見、逮捕しました。

当初、ベトナム人3人が第2地区(ホーチミン市)で中国人グループをピックアップし、ベンカウ地区の国境地域に輸送された後、カンボジアに連れて行こうとしました。現在、ベンカウ地区公安は、地区医療センターと連携して、規制に従って検疫に11人を要しています。

 

 

7月30日、タンプー県人民委員会のHua Thi Hong会長は、地方当局はベトナムへの不法入国の疑いがある11人の中国人を発見したと述べた。

以前、フータン区の警察は、疑わしい兆候を示している人々のグループをチェックし続けるべきであることを発見しました。

一部は逃亡し、11人が拘留され、そのうち2人はパスポートを持っていた。現在、これらの人々は法律に従い隔離されています。

 

ビンタン地区警察と地区保健センターは、11名の中国人がベンティン地区の22区にある高級マンションに不法に侵入したことを検出しました。

当局は11人を隔離しました。5月以来、ホーチミン市は、38の違法侵入のケースを検出しました。

最近、ダナン、ラオカイ、クアンニン、ドンナイなどの多くの地域で、多くの中国の不法侵入が検出されています。

 

3日前、ハノイまで車で移動中に、5人の中国人がボートでラオカイに逃れたことが発見されました。

以前、当局は73人の中国人が非公式のルートを介してダナンとクアンナムに不法に侵入したことを発見しました。

クアンナム警察は、中国人を不法入国させた容疑で刑事犯人Gao Liang Gu(42歳、中国国民)を拘束したとのことです。

 

密入国を斡旋したり手伝ったりする人がいるのも残念ですが、こうした行為のせいでベトナム国内にコロナウィルスが広がってしまうのは勘弁してほしいですね。

-社会, 経済
-, , , , , ,

© 2020 ベトナム駐在ニュース