生活 社会 経済

COVID-19患者1人がベトナムで死亡

7月31日の午後、COVID-19予防と管理に関する全国運営委員会の情報によると、ベトナムではCOVID-19患者(症例No.428)が1人死亡しました。

 

保健省からの情報によると、最初の死亡例(症例No.428)は、7月31日にクアンナム省ホイアン市に常駐している70歳の男性患者として記録されました。

患者は7月9日に末期腎疾患の診断で泌尿器科(ダナン病院)に入りました。血液透析を受けていました。

血圧、虚血性心疾患、心不全、肺炎の既往がある患者。患者はサンプリングされ、7月27日にSARS-CoV-2陽性であることが確認されました。

患者は7月30日の午後にフエの中央病院に移りましたが、このとき非常に危険な状態であり、緊急治療を受けましたが、7月31日の5:30に残念ながら死亡しました。

 

COVID-19予防のための国家運営委員会によると、ベトナムはCOVID-19の509例を記録しました。

具体的には、ダナンの集団発生は、8人の医療従事者、44人の患者、26人の患者の家族、およびコミュニティで検出された2人のケースを含む、80例のCOVID-19を記録しました(症例420、434 )。

特に7月31日、ベトナムはさらに45症例を記録し、これらの患者は医療施設で隔離され、以前に検査のためにサンプルを採取していた。

 

全国の他の5つの省および市では、クアンナム7を含む13のCOVID-19症例がさらに記録されました。

クアンガイ:1

ホーチミン市:2

ハノイ:2

ダクラク:1

これらの症例はいずれもダナンで発生した市中感染に関係しているとのこと。

 

これまでのベトナム国内の感染者の総数は7月31日14時時点で509人。

そのうち内、373人が回復し、1人が死亡、136人が治療中です。

 

-生活, 社会, 経済
-, , , , , , ,

© 2020 ベトナム駐在ニュース