経済

コロナ過の中での効果的なビナミルクビジネス戦略

VinamilkはCovid-19の困難を克服し、国内市場に重点を置いた原材料と最新の生産技術と

戦略に基づき、非常に順調な売り上げを維持しています。

ビナミルクはベトナムメディアで最も優秀な戦略会社としての受賞を度々受けており、

過去3年間で業績とコーポレートガバナンスにおいて優位性を示してきました。

第一四半期の連結売上高は2019年の同時期比で7.3%増加、14,153億ドンを記録しています。

第二四半期の親会社の国内売上高および輸出は、第一四半期からさらに12%増加しました。

 

厳しいコロナ状況にも関わらず、同社は依然として成長目標を達成し、

これは過去の計画的な投資の結果が出てきたものである。

国内事業の好業績に加えて、ビナミルクは輸出を拡大する為に国際市場に打って出ており

現在ロシア、ユーラシア経済連合の国々に乳製品の輸出許可を取った唯一のベトナム企業となっています。

コロナ過の中でも中東、中国、韓国に向けて数百万ドルの輸出契約を新規で結んでおり

絶えず売り上げを伸ばしている

代表のMai Kieu Lien氏は

「現在に至るまで、農場を所有し、原材料と近代的な技術プラントシステムを

作ってきており、私たちは今後もシェアを拡大し続けます」

と述べています。

全国で220種以上の製品と多様な流通システムを持ち、継続的に新製品を

発売している。

製品の栄養価を強調する広告とメディア戦略のおかげでベトナム国内の80%の家庭にリーチしており

新製品を通じて常にイメージを改善している企業である。

2020年度の収益目標は59兆6000億ドンであり、2019年と比較して5.7%の成長目標である。

-経済
-

© 2020 ベトナム駐在ニュース