生活

2.5mのキングコブラに噛まれた男性 ヘビに巻かれたまま病院に

長さ約2.5メートル、重さ4.6 kgのキングコブラに噛まれた男性が、蛇に巻かれたまま救急病院に行きました。

 

8月19日、チョーライ病院(ホーチミン市)の熱帯医学科のNguyen Ngoc Sang医師は、患者のT氏(38歳、タイニン省)の受け入れました。

この患者はコブラの毒に苦しんでいると述べました。

 

男性の家族からの情報によると、同じ日の7時頃、T氏の息子は家族の営むmãng cầu畑で大きなヘビがいるのを発見ました。

深く生い茂った草むら中で、T氏はヘビが動くのを見たので、手でつかみましたが、右太ももを噛まれました。

T氏はヘビの頭をつかまえると同時に、家族に知らせました。

 

家族はゴム製のバンドを使って太ももを結び、毒が広がらないようにしました。

ヘビは腕と首に巻きついたままで、T氏は意識がなく呼吸がほとんどできない危険な状態でした。

家族は、急いでT氏をタイニン総合病院の緊急治療室に連れて行きました。

病院で医師がヘビの種類を判別できるように、T氏は手でヘビの頭をまだ持ったままでした。

 

病院では、T氏の手からヘビを取り出した後、医師は傷を洗浄し、脚の包帯を固定し、鎮痛剤と必要な抗生物質を注入しました。

しかし、30分後、T氏はチアノーゼ、呼吸困難などの症状が現れたため、医師は人工呼吸を行いました。

引き続き人工呼吸と治療を続けるため、チョーライ病院に移送されました。

移送中にヘビは死亡しました。(ヘビは家族に引き渡されました。)

 

T氏は、8月19日正午に筋肉が完全に麻痺した状態、瞳孔が開いた状態でチョーライ病院に移送されました。

10バイアルの抗毒ヘビの血清を注入。その後、患者の筋力が回復し、徐々に回復の兆しを見せました。

8月20日の朝、T氏は重大な危機を乗り越え目を覚まし、順調に回復に向かっているとのことですが、急性心筋炎の合併症を持っているかどうかを判断するには、24〜48時間待つ必要があるとのことです。

 

ベトナムの雨季は有毒なヘビが繁殖するのに好ましい季節です。

そのため、医師はヘビにかまれないように、保護対策に注意を払うように忠告しています。

-生活
-, , ,

© 2020 ベトナム駐在ニュース