生活 社会 経済

ATMにスキミング装置を設置した中国人グループを摘発

電子機器を使用してATMカードのデータを収集し、偽のカードを作成したとして、3人の中国人がそれぞれ7年の禁固刑を言い渡されました。

ゲアン省人民法院による8月26日の評決は、中国国籍の被告3人がスキミングやカメラを利用してカード情報を盗んでいたと発表しました

2019年7月容疑者タイとトンは、スキミングやカメラ盗撮画像からATMデータを収集する目的で、中国のグループ内の支持でベトナムに入国しました。その後、彼らはお金を引き出すためにATMカードの偽造も開始しました。

ATMに直接挟み込まれたスキミング装置(他にも取り付けられたミニカメラはキャッシュレジスタのキーボードカバーについていました)。設置から5時間後犯人はデバイスを取り外し、仲間にデータをコピーさせ、wechat経由でLy Vanに送信して情報はカードに入力されました

データは別のチームに戻され、空のATMカードが使えるようにコピーされます。グループ全体がこの偽カードを使って同時に現金を引き出しました。

このチームは、2019年8月から9月にかけて、ハノイ、ゲアン、クアンニン、ビンフックにある多くのATMにスキミングを設置しました。

これにより、29人の被害者から2億7900万ドン以上、316 枚のカードが被害にあいました。

 

下記の動画は別のグループが行ったATMへのスキミング設置状況です。

-生活, 社会, 経済
-

© 2020 ベトナム駐在ニュース