生活

ミュータントと呼ばれる、80年間髪を切らない老人

ティエンザン省に住むグエンヴァンチエンさん(92歳)は、12歳から現在までの80年間もの間、髪を切ったら死ぬと思っていたので、髪を洗ったり切ったりしたことはありません。

 

皮膚、髪、髪は両親が与えたものであり、切り取られてはならないという、Tu An Hieu Nghiaの宗教を信じ、チェン老人は髪を切って洗うことはしませんでした。

「髪を切ったら死ぬと思います。私は何もするつもりはありません。タオルで包んでケアし、常に乾いて清潔になっているようにしています。」とチェン老人は語った。


髪を伸ばすと5mもの長さになります。

 

「若い頃から髪を伸ばしてきましたが、学校に行ったとき、先生は長い髪は不便だと言ったので、髪を短くするようにアドバイスしました。私は家に帰り、両親に許可を求め、髪を切って学校に行きました。そして学校を辞めてから、髪の毛がどれだけ成長するかに挑戦し、今まで伸ばし続けています。髪が長いので、三つ編みにしています。」


普段は布の帽子を着用し、髪の毛を保護しています。


長い髪は家事をするにも邪魔になりません。


父親の髪の世話をするチェン老人の5人目の息子も、彼の髪を切ると死ぬと信じています。

 

6年前にもチェン老人の長い髪は、ベトナムの国内メディアで報道されました。

当時、髪の長さは約3mでした。その当時の写真がコチラです。↓

-生活
-, , ,

© 2020 ベトナム駐在ニュース