生活

キングコブラに噛まれた男性のその後

8月19日に体長2.5mのキングコブラに噛まれた男性ですが、現在も病院で治療を受けています。

過去記事↓

2.5mのキングコブラに噛まれた男性 ヘビに巻かれたまま病院に

長さ約2.5メートル、重さ4.6 kgのキングコブラに噛まれた男性が、蛇に巻かれたまま救急病院に行きました。   8月19日、チョーライ病院(ホーチミン市)の熱帯医学科のNguyen Ngo ...

続きを見る

 

9月3日、ホーチミン市のチョーライ病院の救急救急科のNguyen Qui Hung医師は、キングコブラに噛まれたPVT患者(38歳、タイニン在住)の健康状態について、今も苦しんでいることを知らせました。

現在、患者は自力で呼吸しており、心臓、腎臓、肺の機能は回復しています。

患者は壊死組織の透析を4回受け、男性の腹部と右大腿の壊死組織を治療しました。

 

 

今日、救急病院の医師は、治療を続けるために患者を熱帯病部門に移送します。

患者は腹部の壊死組織を修復するために、複数の皮膚移植を受ける必要がありました。

患者は健康を安定させた後、過去に看護をしてくれた医師と看護師のチームに感謝しました。

 

-生活
-, , ,

© 2020 ベトナム駐在ニュース