社会 経済

産業貿易大臣から保税倉庫の化学品保管を見直す指示

ベトナム産業貿易大臣は、危険な化学物質、爆発物前駆体および産業爆発物の管理を強化するための指令を発行しました。
近年、危険な化学物質(HCNH)、爆発物前駆体(TCTN)、および産業爆発物(IEM)の監査は、法律の規定に従ってかなり定期的に実施されています。武器、爆発物、および補助物質の使用についても同様です。

ベトナムの化学法は、安全、セキュリティ、社会秩序の在り方を厳密に規定しています。

しかし、最近ベトナムでは、ロンビエンのドゥクザン倉庫での火災後の有害化学物質事故など、環境や人の健康に影響を与える多くの危険な火災および爆発事故が依然として発生しています。ハノイとバクニン省イエンフォン工業団地の消防塗料工場火災...

人、物、安全の喪失、社会秩序に影響をもたらす事故や災害から、産業用化学薬品、産業廃棄物、IEMの保管および保存における安全性を確保するため、ベトナム産業貿易大臣は、危険な化学物質、爆発物前駆体、産業爆発物の通常倉庫、保税倉庫の管理を強化するよう指示しました。

今後はベトナム国内の保税倉庫での化学品について、保管が難しくなる可能性が指摘されています。

詳しくは下記企業様のWEBサイトにて。

-社会, 経済
-

© 2020 ベトナム駐在ニュース