経済

ベトナムは日本企業の投資計画のための大きい市場である

グエンスワンフック首相は、日本企業15社の投資拡大の成功のために、ビジネス環境における問題をさらに改善すると述べました。

9月7日の午後、首相は、ベトナムへの投資拡大を目的とする日本の企業と会談を行いました。

この会議は、日本政府がベトナムを含む多くの国にサプライチェーンを移すために、この国の企業に財政支援を行うという流れの中で開催されました。

日本政府からの支援を受ける最初の15の企業は、ベトナムでの投資とビジネスを拡大すると述べました。

フック首相は、日本の経済界は「環境保護に重点を置き、信頼できる重要な投資家」であり、ベトナムの市場は企業の投資計画に十分な大きさであることを確認しました。

 

山田滝男駐日大使は、日本の投資家はベトナムに注目しており、Covid-19以降の新しい状況に投資していると語っています。

大使は両国間の旅行を再開し、現在の公共投資プロジェクトへの支出を改善、ベトナムへのより多くの外国投資を誘致し、ベトナムの信用格付けを改善することを提案しました。

フック首相は、ベトナム政府は多くの法律を改正することに加えて、投資協力の機会を把握し、申請をできるだけ迅速に処理するために、外国投資協力を促進するためのワーキンググループを設立したと述べました。

近況としてベトナムは、ベトナムに来る大規模な投資家のビジネス上のメリットがあるように、日本を含む安全率の高い多くの国への商用便を再開します。

 

対話では、日本企業はベトナムでの投資協力において、人材、多くの新しい分野の開発、裾野産業、研究開発などの多くの問題を提起しました。 

日本ビジネス協会(JCCI)の代表は、ベトナムに製造業への優先投資メカニズムの構築、PPP法によるエネルギーインフラストラクチャの構築、また日本企業による資本拠出の許可を提案しました。

 

国有企業、例えば、日本では、中核企業に加えて、生産活動の連鎖において役割がかなり複雑で強力に割り当てられている協力企業もあります。

したがって、コア企業だけでなく、サプライチェーン全体を誘致する形で投資を誘致します。

そうすれば、日本の中核事業からベトナムへの投資が容易になります。

 

JCCIはベトナム政府に、先進技術のインセンティブをさらに拡大すること、および企業が大規模投資を拡大してサプライチェーンのインセンティブを構築することを検討することを望んでいます。 

日本の企業からの推奨事項を認識して、フック首相は、省庁、支部、地方自治体に、問題を迅速に取り除くように要請しました。

-経済
-, ,

© 2020 ベトナム駐在ニュース