IT 国際 社会 経済

グーグル、マイクロソフト、アップルのベトナム戦略

ベトナム政府は先週の国会開会式にて、コロナ流行による困難と中国からの投資移動が始まったと評価しました。

米国のテクノロジー企業が相次ぎベトナムでの製品生産を開始しており、アップルはAirpods 300~400万台の生産、ワイヤレスヘッドセットモデルの生産量の30%増加を第二四半期に行い、エンジニア、運用マネージャーのベトナム人材の採用を強化しています。

GoogleとMicrosoftは一部の生産ラインを中国からベトナムとタイに移動しており、第二四半期にはPixel4AスマートフォンPixel5スマートフォン、Surfaceをベトナムにて販売する予定です。

中国だけからの投資にとどまらず、先週パナソニックがベトナムでの投資を拡張する為バンコクの家電工場を閉鎖する事もニュースになっています。

 

また、ペガトロン、アマゾン、ホームデポなどの大企業が採用を開始し、サプライチェーンの構築を開始しました。

インドネシアに比べてベトナムは中国に近く、投資家たちは14億人の市場の近くで製品を生産する事により、中国市場への供給も確保し、投資に定評のあるベトナムを選択しています。

平均賃料が他の東南アジアより45~50%安く、ベトナムの人件費がタイ、マレーシア、インドネシアより低い事も強みとなっています。

ベトナム外国投資省でもCovid-19の制御が多くのプラスポイントを生み出しており、医療対応にも評価を得た事で、ここから「黄金の機会」が訪れると予想しています。

ベトナムの最大のライバルとしてはインドが挙げられますが、ブルームバーグの報道ではインドは4月に1000以上の米国企業にアプローチし、中国からの移転に多くのインセンティブを出す事を約束しています。インドとしては総コストは中国よりも高くなるが、土地、労働力の点でメリットがある点と、電子商取引の税繰り延べも提案する事を約束しています。

ベトナム政府は発展途上国の問題として裾野産業の未発達の問題を認識しており、FDI誘致のためには、全体としてベトナムに企業を呼び込む必要があり、長期的には単なる加工国家のイメージを払拭し、今品質な人材の育成が急務であると述べています。

-IT, 国際, 社会, 経済

© 2020 ベトナム駐在ニュース