国際 経済

ベトナム外資企業の損失への疑惑

ベトナム政府調査によるとFDI企業の「利益を損失に偽装する」活動により、政府予算としては長年に渡って数千億ドルを失っていると発言されています。

最近の会議で国家監察局が発表した数値は、外国投資企業(FDI)の損失割合が企業総数の50%を示しています。

外国契約者税

また約2100社はホーチミン市にて運営されており、赤字企業全体の60%を占めている状況です。

国の分析によると、累計損失が継続的に出ているにも関わらず、生産規模、事業規模を拡大していることは非常に不合理であり、同じ分野のベトナムローカル企業と比べても明らかに赤字の割合が多すぎます。

FID企業は税金に対する多くの優遇政策を受けているにも関わらずです。

この状況を説明し、監査機関は、理由の一部は企業の移転価格の実施に起因すると述べており、「輸入された設備の誤った額面申告」によるものが大きく数千億ドンを失っていると指摘しています。

多くの多国籍企業では子会社間にて商品やサービスを購入、販売する為の複雑な仲介システムを構築しておりシステムとしてベトナムでの納税義務を回避する方法を多様しています。(特に特別消費税)

親会社や関連企業から高額に購入した製品を安い価格で販売する事で、このシステムは成り立っています。

また、投資開始時の免税期間には多くの外資企業が利益を報告しており、この機関が終わった年から損失が報告されている事も政府内で把握されています。

内部サービスへの支出、トレーニング、経営コンサルティング、金融からの支出で親会社に利益を戻す方法も繰り返されており、「経営コンサルティング等は年毎に繰り返される事事態が以上であり、このコストが長年続いている事の不合理性は顕著です」と言われています。

ベトナム政府、ベトナム国民からもこのような税回避行為には避難が集まっており、純粋に利益がまだ出ていない企業に対しても、外国契約者税の監査が厳しく行われていくと予想されます。

-国際, 経済
-

© 2020 ベトナム駐在ニュース