社会 経済

8月にはハノイの9,000人以上の労働者が失業手当を申請も、前月よりは減少

8月には、4,000近くの企業が営業を再開したため、失業保険給付の登録者数が以前に比べて少し減少しました。

 

ハノイ雇用サービスセンターの統計によると、市内の失業手当に登録する書類の数は、昨年の同時期と比較して20%以上増加しました。

年初から現在までに、州内の60,000人近くの労働者が失業給付を受給するために登録しています。

8月だけでも、ハノイにある2,000を超える企業の9,000人以上の従業員が手続きを行いましたが、これは7月と比べて400件以上減少しています。

8月の失業保険給付の申請数はまだ多いですが、2020年6月ほど多くはありません。

8月には、4,000社近くの企業が再び活動を始め、雇用市場の陰りが減りました。

 

ハノイ雇用サービスセンターは、COVID-19の流行に対する結果に応じて、今から年末までに失業給付を受ける資格のある書類の数は変動すると予測しています。

ウイルスの流行がきちんと管理されていれば、失業手当を申請する人の数は数か月で減少します。

しかし、ウイルスの流行によって国内で感染症が発生し、ひとたび悪いシナリオが発生すると、産業活動とサービス活動が停滞します。

予測によると、毎月仕事を失う従業員の数は非常に増加し、月に約2万人の従業員と企業の90%が影響を受けると見られています。

-社会, 経済
-, , , ,

© 2020 ベトナム駐在ニュース