生活 社会 経済

ベトナム定期預金金利の引き下げ

一部の大手銀行は、短期預金(1年未満)の金利を引き下げました。

Vietcombank-国の資本を持つ4つの銀行の1つであり、すべての12か月未満定期で、0.2ポイント金利が下落しました。1か月は3.3%、3か月の期間は3.6%の金利に下がり、6か月の定期は4.2%にすぎません。

1年以上の期間は据え置かれました。12か月の定期で預金する顧客には、6%の利息が支払われ、24か月の期間の最大は6.1%です。

HDBankでは、預金金利はすべての期間で減少し、6か月以上の期間で0.4%も減少しました。1か月から6か月未満の金利は、0.15%低下して3.8%になりました。

6か月から12か月未満の金利は、6.2%から5.8%まで、0.4%低下しました。1000億ドンを下回る金額の12か月間の期間金利は、6.8%から6.4%に低下しました。

VietcombankとHDBankが金利を引き下げたほか、TechcombankやVPBankなどの一部の銀行も金利を引き下げましたが、特定の条件にのみの引き下げとなりました。

VPBankの9月中旬からの新しい金利スケジュールは、一部の条件で6か月から12か月未満に0.1%引き下げられました。3ヶ月未満の預金の金利は0.05パーセント上昇しました。

Techcombankでは、1〜6か月の条件で0.2〜0.3パーセント下落しました。1か月間預金されたときの従来の貯蓄では、金利は2.75-3.1%から2.55-2.9%に下がり、上限の4.5%よりもはるかに低くなりました。

2019年の終わりから現在に至るまで、各銀行は金利を引き下げる動きとともに、多くの定期金利引き下げも行ってきました。

Vietcombank Securities Company(VCBS)の最近の評価によると、貯蓄金利を引き下げる傾向は続くと予想されます。十分な資金の流動性とコロナ流行からの信用需要へのマイナスの影響の中で、VCBSは、平均預金金利が年間を通じてすべての条件でさらに0.8〜1パーセント低下する可能性があるという予測を維持しています。

-生活, 社会, 経済
-

© 2020 ベトナム駐在ニュース