国際 生活 社会 経済

Vietjetは3つの国際路線を開く計画

Vietjetは9月29日から、流行が基本的に制御されているとして、ベトナムから日本、韓国、台湾(中国)への商用便を再開する予定です。

政府は、台湾、広州(中国)、日本、韓国、カンボジア、ラオスへの6つの国際ルートを再開することを許可しました。ベトナムの疾病予防は高く評価されています。

Vietjetは3つの路線を運用する予定です。

ホーチミン市からのフライトでは東京(日本)まで週に1回の頻度で、毎週火曜日に運行する予定です。

同社は韓国行きのスケジュールで、ホーチミン市からソウルまでのフライトルートを運航しています。週に1便(おそらく水曜日)です。

ハノイから台北へのルートは、週1便です。3つの路線はすべて、240席のエアバスで最も近代的なボディのA321neo ACFによって運営されます。

Vietjetの代表は、航空会社が初期段階で再稼働する予定の3つの国際的な目的地はCovid-19を適切に管理していると述べました。韓国と日本は1日あたりの新規感染数が世界で最も少ない一方、台湾(中国)は過去7日間で2症例の新規症例数を記録しています。ベトナムと韓国、日本、台湾(中国)間の空輸と貿易の需要が高まっている状況において、ルートの再開はベトナムと各国によって調整されました。

 

上記の目的地での検疫規制については、ソウルに旅行する場合、対向する乗客はマスクを着用し、体温は摂氏37.5度を超えず、自宅または指定施設で自己隔離する必要があります。監視するアプリをインストールします。

東京に渡航する場合、乗客はベトナムで出発の72時間前にPCRテスト結果を取得する必要があり、日本に到着して14日後に検疫を受ける必要があります。

台湾の場合、乗客は5日間の自己隔離を行うだけで済みます。

すべてのフライトは、当局、世界保健機関(WHO)、国際航空運送協会(IATA)の最高の安全基準に準拠しており、クルー達は乗客の健康を確保します。

 

国内の航空市場が回復したとき、航空会社は6月に1日あたり300便を超える国内線をすべて運航し、ピーク時に3〜5倍に増加しました。

6月だけでも、輸送された乗客の総数は120万人に達し、国内市場は回復されたかに見えました。

今年は、Vietjetの収益は前年比54%減であり今後の回復が期待されています。

-国際, 生活, 社会, 経済
-

© 2020 ベトナム駐在ニュース