生活 社会

ハノイのごみ収集車で女性労働者が赤ちゃんを発見

9月22日の朝、クアンミン町の警察署長であるグエンヴァンティエン中佐(ハノイのメリン)は、生まれたばかりの赤ちゃんの女の子がゴミ収集車に捨てられているのが発見されたと述べました。

9月21日20:50頃、ある女性労働者が、Gia Tanサッカー場(クアンミンの町)の近くのごみ収集車に赤ちゃんが捨てられていることを発見しました。

彼女の発見後、女性労働者と村人たちは、赤ん坊を医療ステーションに連れて行くために現場に警察と町当局を報告しました。

 

「赤ちゃんの重さは約3kgで、とてもきれいな服を着て、プラスチックバスケットに入っていました。彼女が泣いていないことがわかったとき、私と警察の兄弟と管理人が彼女を運輸病院に連れていきました。診察の結果、赤ちゃんの健康は安定しています。」とティエン中佐。

ティエン氏によると、遺棄された子供には「私は惨めすぎて育てることができないので、誰か手に取ってください。手伝ってください。ありがとう。」というメッセージが書いた紙が添えられていました。

 

クアンミンの町の警察のリーダーは、必要な手続きを行った後、当局が一式文書を作成し、育児を行える家族に一時的に赤ちゃんを手渡したと付け加えました。

地域は赤ちゃんの両親が、この預かってくれる家族に連絡を取れるように、無線情報を発表しました。

 

 

-生活, 社会
-, ,

© 2020 ベトナム駐在ニュース