エンタメ 生活 社会

今年はミニ月餅が人気

今年は、45〜150グラムの動物や花の形をした月餅が多くのベトナム人に人気を博しています。

今年の月餅市場はあまりに賑わっていません。しかし、ミニ月餅は、さまざまなデザインで多くの顧客から非常に好評です。

初めて月餅を作ったホーチミン市のイベント会社はミニ月餅プロジェクトを試作した際に、顧客の大きな反響に驚きました。

200〜250グラムの大きな月餅を作る代わりに、100〜150グラムで作っています。6個入りの箱での価格は350,000-850,000 VNDです。

その小さなサイズに加えて、月餅は、ラム酒、コーヒー、チョコレート、フルーツの味を追加しています。

「お客様が簡単に楽しんで飽きられないように、この大きさがお勧めです。中秋節までに3,000箱を販売し、半月前に完売しました。」

ネット代理店によっては総販売数の70%がこのミニ月餅の所もあり、今後若い世代で主流になると期待されています。

また、下記のように、3Dのケーキのような外観の月餅も注目されており、すでに数千箱の出荷を終えています。

 

3Dケーキタイプはたった75グラムで、蓮の種、タロイモ、緑茶など、あらゆる種類の穀粒が含まれています。価格は6個あたり165,000 VNDです。

ミニ3Dケーキのほか、豚、ヤマアラシ、クマなどの動物の形をしたミニムーンケーキも販売しています。

ここまでくると日本人の目からはすでに月餅ではない気がするのは、おそらく気のせいでしょう。

-エンタメ, 生活, 社会
-

© 2020 ベトナム駐在ニュース