生活 社会

ベトナム公安省、お腹ポッコリ警察官を路上勤務から外す方針

公安省は、交通警察は路上で人々と接触することが多いため、健康的でプロフェッショナルなイメージを構築する必要があると発表しました。

9月30日、公安省交通警察副局長は、現在、交通警察官の基準は、身長に関してのみ人民警察の要件に準拠していると述べた。

現在は体重、視力、健康や体つきに対して交通警察の個別のルールはありません。

今回、公安部は交通警察を「市民への公安イメージアップ」部隊と規定し、独自の基準を策定する事になりました。

「この基準は、健康、太った腹、細い腹にとどまりませんが、マナー、行動、プロ意識、親しみやすさと親密さを含みます。また、海外からの旅行者へのイメージが大切です」とビン大佐は言った。

交通警察署のリーダーによると、路上にはまだお腹ポッコリ警官が勤務しているという。通常の業務に支障はありませんが、犯罪者を捕まえたり、事故の犠牲者を救助したりするなどの緊急事態が発生した場合、お腹ポッコリ警察は動きが鈍く、タスクを完了するのが困難になります。

今後、交通警察は保健省、スポーツ、フィットネスの専門家に相談し、交通警察官を選択するための一連の科学的および定量的な健康基準を作成します。

健康状態、測定値を元に、数値管理を行います。

健康基準の構築はほんの小さな内容であり、重要なのは包括的な革新、特に行動文化、交通警察の業務であると話しています。

法制度を遵守し、人々によって支持され、観察されても、柔らかく柔軟であることが期待されています。

-生活, 社会
-

© 2020 ベトナム駐在ニュース