経済

ベトナムの経済成長は良好で、輸出黒字は過去最高の170億米ドルに

グエン・スアン・フック首相は、ベトナムの貿易黒字は過去最高の170億米ドルのに達し、国内経済部門の輸出は20%以上伸びており、状況はますます良くなっていると述べました。

10月2日、グエン・スアン・フック首相が定期的な政府会議を開催しました。

首相は、これは2020年に第3四半期を過ぎた重要な会議であり、そこから2020年全体の結果を評価し、2021年の計画に向けて準備することができると述べました。

 

2020年9月の社会経済について、第3四半期はより良い成長を遂げ、特に農業、産業と商業、金融、銀行、社会セクターなどのセクターと分野は力強く明確に回復する傾向があり、状況はますます良くなっていると首相は述べました。

第3四半期までで2.62%の経済成長は、2020年にプラスの成長が見込める見通しになります。

これは、すべてのASEAN諸国がマイナスの成長を遂げている状況において大きな努力の成果です。

 

特に、首相は多くの輝かしい点を指摘し、170億米ドルの貿易黒字を記録的な数として評価しました。

国内経済部門の輸出成長率は20%を超えており、そのうち農業部門は12の加工施設と工場を稼働させて410億米ドル以上の輸出に努めています。

外国からの投資を呼び込むという点では、困難にもかかわらず、210億米ドルを超えました。

 

マクロ指標は安定しています。

2020年の9か月間の平均消費者価格指数(CPI)は、昨年の同時期に比べて3.85%増加しました。

為替レート、外国為替市場は安定しており、株式市場は再び繁栄しました。

9月の公共投資支出率は、どちらも2016年から2020年の期間で最高レベルに達しました。

 

食料、食料、必需品の供給は豊富です。米の収量は0.9キンタル/ヘクタール増加しました。

農民は「良い季節、良い価格を持っている」、多くの農産物の生産量は急激に増加しました。

 

工業生産は繁栄しており、第4四半期以降も、近い将来の回復と力強い成長への期待が高まっています。

9月の取引およびサービス活動は再び成長し、消費者の需要は回復しました。

9月の消費財およびサービスの総小売売上高は、前月比で2.7%増加し、同期間に4.9%増加しました。

 

文化、社会、環境、国防、安全保障、外交の分野に引き続き焦点が当てられ、社会の安全保障と貧困削減に成功しています。

第3四半期の労働力と雇用は回復し、第2四半期と比較して150万人増加しました。

 

ベトナムのPMI購入指数は9月に52.2ポイントに上昇し、ASEANで最も高く、8月の45.7ポイントと比較して上昇の傾向を示しています。

これはベトナム経済の明確な回復を表しています。

 

首相は、9月に二重の目標が真剣に実行され、良い結果が得られたと述べました。

ただし、成長率は潜在力に比べるとまだ低く、年初に期待されています。

-経済
-, , ,

© 2020 ベトナム駐在ニュース